スティック型パソコン+WAMPサーバーでLAN内Webサーバーを構築

先日WAMPサーバーの構築について書きましたが、それを使ってさらに何かできないかなと考えていました。

突き詰めればできることはいろいろあるかと思いますが、今回はとりあえずはWAMPサーバーの機能そのままにLAN内Webサーバーを構築してみようかという考えに辿り着きました。

というわけで、それについて書いてみたいと思います。

使用するPC

まずPC選びですが、外部向けWebサーバーではないので、性能はほどほどで静音&省電力というポイントで探しました。

で、見つけたのが、ドスパラから販売されているスティック型パソコン。

Diginnos Stick DG-STK3というモデルです。

OSはWindows10 Home 32bit。

通販でも買えますが、今回は店頭で買ってきました。

DG-STK3の外箱

DG-STK3の外箱

開封。

DG-STK3を開封

DG-STK3を開封

最初の起動

とりあえず同梱のUSB電源ケーブルと、そこら辺に転がってたディスプレイとマウスとキーボードを接続しました。

DG-STK3に電源ケーブル、ディスプレイ、マウス、キーボードを接続

DG-STK3に電源ケーブル、ディスプレイ、マウス、キーボードを接続

電源ボタンを押すとほとんど時間もかからず初期画面が表示されました。

Windows10の最初の起動画面

Windows10の最初の起動画面

初期設定を進め、少し待つとようやくデスクトップが。

デスクトップ画面

デスクトップ画面

ソフトウェアインストール

最初にWAMPサーバー・・・と思ったのですが、実験の意味も込めてリモートから作業するため、VNCサーバーをインストールしました。本当はリモートデスクトップを使えればいいのですが、OSがWindow10 Homeであるためそうしました。

UltraVNCインストール

UltraVNCインストール

VNCサーバー設定やWindowsネットワーク設定など多少することもありましたが、それほど難しいことをすることもなく接続完了。

Macの「サーバーへ接続」を使って「vnc://(IPアドレス):(ポート番号)」とすると、Mac標準の画面共有が開きます。ちなみに、ポート番号については5900を使えば必要ないかもしれません。

MacからDG-STK3へ接続

MacからDG-STK3へ接続

ここで先日書いた通りの方法でWAMPサーバーインストール。

1点だけ躓いたのが、WAMPサーバーのルートディレクトリ変更です。これについてはいずれ詳細に書こうかと思いますが、WAMPサーバーのhttpd.confでルートディレクトリを設定した後、そのディレクトリのセキュリティ設定でSYSTEMにフルコントロールを設定する必要がありました。

Windows10のディレクトリのセキュリティ設定

Windows10のディレクトリのセキュリティ設定

その他関連ソフトもいずれ

まずはVNCサーバーでのリモート環境構築とWAMPサーバーでのWebサーバー構築を行いました。

今後関連ソフトも追加していこうかと思っています。

それについてはまたいずれ。

スポンサードリンク

twitterまたはFacebookでもコメントして頂けます