遅ればせながらTwenty Twelve

今年8月に正式リリースされていたWordPress標準テーマ『Twenty Twelve』ですが、つい最近(というか今日)当方運営のブログサイトに導入してみました。WordPress3.5へのアップグレードついでに。

印象としては、標準状態のデザインにしても、HTMLやCSSのコードにしても、全体的にすっきりしたイメージですね。カスタマイズがしやすいような気がしました。(コードについてはざっと眺めただけですが。)

現時点で導入しているプラグイン(とそのバージョン)は以下。

  • Akismet (2.5.7)
  • All in One SEO Pack (1.6.15.3)
  • Better Delete Revision (1.2)
  • Google XML Sitemaps (3.2.8)
  • Jetpack by WordPress.com (2.0.4)
  • Redirection (2.2.13)
  • WP-DBManager (2.63)
  • WP Multibyte Patch (1.6.4)
  • Yet Another Related Posts Plugin (4.0.2)

基本的で割とメジャーでプラグインしか入れていません。どれも今のところ問題は発生していないようです。

Front Page Templateとフロントページウィジェットエリア

サイトでは、フロントページとして固定ページを設定しています。管理画面→設定→表示設定の中にある『フロントページの表示』という設定ですね。

フロントページの表示画面

この時にデフォルトテンプレートを使ってもいいんですが、今回は『Front Page Template』というテンプレートを使ってみました。

これを使うと、ウィジェットの『フロントページウィジェットエリア』が使えるようになります。

フロントページウィジェットエリアが面

サイトトップページ専用のウィジェットが作成できるんですね。結構便利かなと思います。

この機能で更に通常のWebサイト(ブログサイトではないサイト)が作りやすくなりますね。

まとめ

現在のところ、背景や記事の若干の調整、上記のフロントページ関連などをいろいろと操作してみただけで、まだHTML、CSSやPHPの大きなカスタマイズはしていません。というかheader.phpにGoogle Analyticsのトラッキングコードを入れたくらいで、他のコード部分は全く触れていません。

でも、冒頭にも述べたように、すっきりしている印象なので、カスタマイズもしやすいのではないかなと思っています。

レスポンシブもすごく良いですね。普通に使うだけならスマートフォン用のカスタマイズはあまり必要なさそうです。

今後はTwenty TwelveベースでのWebサイト制作も検討すべきかもしれませんね。

スポンサードリンク

twitterまたはFacebookでもコメントして頂けます