WAMPサーバーをインストールしてみました

普段のWeb系開発で使用しているパソコンはMacです。その際には、Macに標準でインストールされているWebサーバー関連機能を使っています。

が、最近WindowsでもWeb系開発をする必要が出てきました。そのためローカルのWebサーバーの構築が必要になりました。

かなり以前には、WindowsでWebサーバーを構築するためにApacheやPHPを個別にインストールしていたことがあります。

それでも出来るかと思いますが、素早く環境構築をしたかったので、今回はWAMPサーバーをインストールしました。

というわけで、その際のことを書いてみたいと思います。

インストール手順

まずはダウンロードですが、公式サイトから簡単にダウンロードできます。

WAMP公式サイト

WAMP公式サイト

WAMP公式サイト

ダウンロードボタンはページ中央付近にあります。ページトップにあるDOWNLOADボタンを押すとその部分にすぐ移動できます。

WAMPサーバーダウンロードボタン

WAMPサーバーダウンロードボタン

32bitか64bitを選択できるので、適切なものを選択してクリックします。私は今回はWindows7の64bit版でした。

ダイアログが表示されるので、「download directly」をクリックしましょう。ちなみに、ダイアログ内に表示がありますが、WAMPサーバーの実行には「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」も必要だそうです。私はすでにインストールしてあったので必要はありませんでした。

WAMPサーバーダウンロードダイアログ

WAMPサーバーダウンロードダイアログ

ちょっと長めのファイルがダウンロードされました。

ダウンロードされたWAMPインストーラー

ダウンロードされたWAMPインストーラー

さっそく実行。

WAMPインストール開始

WAMPインストール開始

Nextを押します。

ライセンス確認

ライセンス確認

「I accept the agreement」を選択してNextを押します。

インストールフォルダ指定

インストールフォルダ指定

フォルダ設定はそのまま進みます。

アイコン作成の指定チェック

アイコン作成の指定チェック

今回はアイコンは作らないということで、チェックをせず進みます。

最終確認

最終確認

Installを押すとインストールスタートします。

インストール進行中

インストール進行中

途中でブラウザを指定するダイアログが表示されます。そのまま「開く」を押します。

ブラウザ指定ダイアログ

ブラウザ指定ダイアログ

ここでWindowsファイアウォールのアクセス許可ダイアログが表示されます。そのまま「アクセスを許可する」を押します。

Windowsファイアウォール設定

Windowsファイアウォール設定

PHPのメール設定をするダイアログが表示されますが、そのままNextを押します。

PHPメール設定

PHPメール設定

これで、インストール完了です。「Launch WampServer 2 now」をチェックしてFinishを押します。

インストール完了

インストール完了

ここでサーバーがスタートします。タスクバーの通知領域にWAMPサーバーのアイコンがあると思います。これをクリックすると、設定ファイルやサーバー開始/停止などが表示されます。

WAMPサーバーを操作する

WAMPサーバーを操作する

全く難しくありませんでした

今回はとにかく素早く始めたかったので、標準設定のまま進めました。

が、何も躓くことなくインストールが完了できました。

実際にローカルWebサーバーとして動かせていますし、Web系開発も進めることができています。

なお、今回はPerlは必要なかったのでWAMPサーバーを選びましたが、Perlも必要な方はXAMPPサーバーをインストールすると良いと思います。

スポンサードリンク

twitterまたはFacebookでもコメントして頂けます