PHPの関数strtotimeの使用例

PHPの『strtotime()』という関数について、実際の使用例をいろいろ列挙します。
〜週間前を取得 : strtotime(“-3 weeks”);
〜時間後を取得 : strtotime(“+4 hours”);
〜分前を取得 : strtotime(“-30 minutes”);
〜秒後を取得 : strtotime(“+30 seconds”);

以上のように、引数部分に文字列で『プラスまたはマイナス & 数字 & 英語での単位』と指定すると、それに従ったUNIXタイムスタンプが得られます。

これは複数を組み合わせて使用することもできます。以下にその例を記述致します。
2年と3月後を取得 : strtotime(“+2years +3months”);
10日前の3時間30分後を取得 : strtotime(“-10days +3hours +30minutes”);

※この記事は過去に別ブログで掲載していたものを若干加筆修正したものです。

スポンサードリンク

twitterまたはFacebookでもコメントして頂けます